よかった~♡美女と野獣(名古屋)5000回公演!!!観劇日記2014年10月4日

行ってきました!美女と野獣【名古屋】

 

今回の名古屋公演では2回目の観劇!

そして、記念の5000回公演の日に行ってきました(*^^*)

 

快晴の気持ちのいい日!

まさに観劇びより♪

 

スポンサーリンク



s-141004名古屋(1)650578

 

◆美女と野獣【名古屋】5000回公演
◆日時:2014年10月4日(土)昼公演
◆会場:新名古屋ミュージカル劇場 1階Q列33番

 

さすが5000回記念で、
しかも土曜日だったので、

チケットを取る時も少し大変でした。^^;

 

四季の会先行予約の初日で
完売したんじゃないのかな。。。

 

私はというと、10時の予約開始に
出遅れてしまったので、

午後になって、
ようやくネットがつながった時は、

開いてる座席は数席。

 

今回は、私、一人での観劇だったので、
開いてる席を取りましたが、

これが数人で席を確保したいのなら、
ちょっと無理だったかな、と思います。

 

それで、
今回の座席は、1階Q列33番

後方の座席ではあったけど、
四季劇場はそれほど大きくないので、
ぜんぜん満足でした!

 

myオペラグラスも持って行ったし。

りこママのオペラグラスはこれ!

s-140917ヒノデ双眼鏡5×20-A3(1)350262

視界がとってもクリア!に見えるので、
ビーストメイクもばっちり見えました!!!

このオペラグラス、とってもいいですよ!>>おすすめです!

 

私の左隣は高校生くらいの女の子二人組、
右隣は私と同じくらいの女性、この方も一人での観劇でした。

客席はカップルや家族連れが
もちろん多かったのですが、

なんだか、すごく目に付いたのが、

男性のお客さんの多いこと!

しかも、一人で来てる人
男性二人で来てる方もたくさん!?
で、ちょっとビックリしました。(゜o゜)

私の中では、

美女と野獣って、
ディズニーミュージカルだし、プリンセスの話だから、

女性とかカップル
女の子を連れたファミリーのお客さんが
観劇する演目のように思ってたので、

なんだか意外な感じがしました。

ベル役の鳥原ゆきみさんが、元宝ジェンヌだから
鳥原ファンかな。。。

とも思ったり。。。

 

ロビーは、もう5000回記念モード!

s-141004名古屋(4)650742

 

皆さん、スマホやカメラで、
ディスプレイの写真を撮ってましたよ。

もちろん!私も

s-141004名古屋(11)450319

s-141004名古屋(8)450600

s-141004名古屋(5)450

 

そして、本日のキャストさんはこちら!

s-141004名古屋(6)650248

 

今回は、5000回公演とあって、
カーテンコールが、すごかった!!!
これについては、前回の記事でお伝えしましたが、

良かったーーー!っていうか、

カーテンコールがすごくて、

本編のミュージカルのことが、すっ飛んでしまって。。。^^;

 

観劇して5日ほど経ったので、
落ち着いて観劇日記を書くことにしました。

 

今回、5000回の記念公演だったからか、

主要な役どころが、
ベテラン俳優さんが多かったような気がします。
(私は役者さんのことは、それほど詳しくないのですが。。。)

 

主役のベルとビーストは
ベル:鳥原ゆきみさん
ベースト:中井智彦さん

ルミエール:渋谷智也さん
コッグスワース:青羽剛さん
ミセスポット:遠藤珠生さん
ガストン:野中万寿夫さん
ルフウ:布施陽由さん

ガストンの野中さんは、
夢から醒めた夢の「ヤクザの人!」
ヤクザ以外で観るのは、これが初めてかな。。。^^;

ルミエールの渋谷さん、
ガストンの野中さん、

 

ベテラン俳優さんだと、安心して!?
観られるのですが、

若い俳優さんの方が、パワーがあっていいのかな。。。
って思っちゃいました。

 

ではでは、

 

開演して、

まずは傲慢な王子が野獣に変えられるシーンから。

あの音楽が流れると
もう引き込まれるんですよね(*^^*)

そして、

老婆が魔女に変身!して宙に浮いて

魔女の手から魔法の光が王子にかけられ、

王子も野獣に変身!!

魔法の光っていうか、手から花火!???

 

まさにイリュージョン!(*o*)/??? なんですよね。^^

 

そして、

鳥原ベル登場!

 

やっぱり、かわいい♡♡♡

あのおじさま方は、鳥原ベルのファンだわ、きっと!
(決めつけてしまったけど。。。)

 

野中ガストンもウザーーーい。
布施ルフウも殴られっぷりがいい!

 

種井モーリスは、ほんとパパって感じ。

お声も、すっごく良いです♪

お腹に響く深みと安定感のある声量で、
お歌も台詞も重みがあって包容力を感じました。

 

モーリスが森で迷って、

お城へ・・・

 

ルミエール、コグスワース、ミセスポットが
とてもかわいらしい♡

 

野獣ビーストは、とっても野獣!?だし。

ビーストの衣裳って
順番におしゃれに変わっていくんですよね。

はじめは、
上半身はだかにマント、
ズボンも破れてるし。

毛むくじゃらの胸とお腹が
まる見え!

中盤は、
白いシャツを着て、ズボンも破れてなくて。

後半、
ベルとの夕食会では、
髪もとかしてリボンで結んで、
バッチリおめかし!

 

ベルと出会って、恋をして、
野獣からだんだん人間らしくなっていく。

 

それから、

やっぱりお城のセットは、すごい!

セットのスライディングしてる床の上を

ルミエールたちが、
すごくスムーズに動いてるから、全然違和感ない。

本当にお城の中を歩いてるみたい。
舞台ってすごい!美術さんすごい!!!

 

酒場のシーンも、
やっぱり、すごくテンションが上がります!

 

グラス☆カチン☆カチン☆☆マグダンスが楽しい♪♪♪

それから、
酒場の壁の上のほうに
ガストンの絵が飾られてた!

こういうのを発見したときって嬉しい!

ストーリーとは別に、
ひとりニヤニヤしてしまう。

 

お城では、召使たちが野獣に内緒で、

みんながこっそり、ベルに夜食をもてなすシーン。

Be Our Guest!!!

 

みーんなで歌って踊って、

すっごく圧巻!!!

そして、花火!!!!!

 

お客さんみんな大拍手☆☆☆

 

ビーストの「愛せぬならば」は、
聴かせてくれます。

中井ビーストの
伸びやかなバリトンいいですね♪

 

ここで一幕終了、

休憩の間にトイレへ。

女子トイレは、すごい列だけど、
ちゃんとスタッフさんが誘導してくれるし、

女子トイレは
左側が入り口で、右側が出口。

2列ずつ並んで
5分もしないうちに入れる。

こんなところもいいんですよね。四季って。

 

そして第二幕
お城を飛び出したベルが
森でオオカミに襲われるシーンから。

 

ビーストが助けにきてくれるんだけど、
怪我をしてしまう。

 

ベルが傷だらけのビーストを
お城へ連れて帰って、
暖炉の前で手当てをする。

手当してもらってる野獣ビーストが可愛い♡

 

ここからベルとビーストの関係が進展していく。

 

お互いを理解しあって、

変化していって。

 

ベルを図書室に案内してあげるまでのシーンで
流れてくる歌”Something There”も好き♪

 

ベルの甘いピンクのドレスが可愛い♡

 

図書室で二人が肩を寄せ合って
座ってる姿が可愛い♡

 

その下で歌う
ルミエール、コグスワース、ミセスポット。

いいなぁ~。

 

いよいよ二人でディナーを食べて、
ボールルームで踊る。

 

ディナーまでのビーストの準備と
それを手伝うコッグスワーズとルミエール。

ビーストの慌てっぷりや
そわそわっぷりが、可愛くて可愛くて笑える♪

 

ディナーで着ているベルの黄色のドレス、憧れる。

ドレスアップしたベルと野獣が踊り、

ミセスポットがそれを見守りながら
Beauty and The Beastを歌う。

あぁ~ うっとり。。。

 

いよいよクライマックス。

 

ガストンが村の民衆を扇動して、お城に乗り込む。

家財道具たちが、
力を合わせて村人たちを追い出すことに成功。

 

西の塔では、
ガストンがビーストを追い詰める。

戦意喪失中のビーストのもとに
ベルが駆けつけて、

ガストンにとどめを刺さず、
ビーストがベルの元へ駆け寄った瞬間に!!

ここでもガストンの悪役ぶり発揮!
ガストンは谷へ落ちて、

あぁ野中さん、
ちゃんと着地できたかしら?
なんて心配しちゃったりして^^;

 

ビーストはベルに看取られる。

 

バラの最後の一枚の
花びらが落ちる寸前に
ベルが泣きながらに想いを告げて。

 

野獣から王子さまに変身!!!

 

映画だと、体中から光が吹き出し、
光に包まれて、王子さまに戻る。

ミュージカルもがあふれ出て!花火も!!!

ビーストは宙に浮いて、

グルングルングルン・・・目回りそう

 

一瞬 暗転

本当に一瞬で、王子様に変身!!!

 

頑張って、瞬きしないように見てるんだけどねぇ。。。^^;

 

アニメではなくて、

生の舞台で、お客さんの目の前で、

あの演出は、やっぱりすごい!!!

 

ネタばれになって申し訳ないのですが、

後半から野獣の顔が、
かぶりものになってるのは知ってる。

 

でもでも、
あの変身シーンは、やっぱり
イリュージョンなんですよねぇ。。。

 

そして、そして、
感動のカーテンコール

何度も何度も緞帳が開いて、
ベルとビーストが
お辞儀して、手を振ってくれて。

 

みんなスタンディングオベーション!!!

 

13:00開演で15:50終了予定なのに、
会場を出たのは、16:00とっくに過ぎてました。

 

本当に幸せな時間でした。

 

次は、11月にまた行きます。

今度は、バックステージツアーにも参加するので、

とっても楽しみ♡

 

スポンサーリンク

コメントを残す