いまや貴重な名盤!ライオンキング劇団四季旧版CDはこちら!

いまだに根強い人気の旧バージョン劇団四季CD

1999年に発売されたCDで、
こちらは2011年新録音版よりも、

より躍動感があって、

舞台の興奮がよみがえってくる感じです。

 

キャストも既に退団されていて、
今では絶対に全員はそろわないキャストなので、
貴重な名盤です。

スポンサーリンク




もう15年もロングランを続けている劇団四季ライオンキング!

私は、ライオンキングは、通勤の車の中で聞いていますが、

CDの再生ボタンを押すと、

青山ラフィキの
サークル・オブ・ライフ
で、もうそこはサバンナの世界!?

あの舞台が目の前に浮かんできて、興奮が、よみがえってきます。

 

下村スカーは、気品と悪さを兼ね備えていて

ただただ圧倒されます。

 

早川ムファサは、

威厳のあるお父さんという感じ。
息子シンバに優しく諭すように歌う
「お前の中に生きている」は圧巻。

早川ムファサの声は
セクシーで甘くて何度訊いてもジーンときます。

そして、

いまや伝説となっている

坂本シンバのどこまでも伸びる声!

 

特に『ハクナ・マタタ』の

心配ないさーーーーー♪」と登場すると、

おぉ~シンバ!!!(^o^)って、

一気に惹きつけられます。

 

濱田ナラは声だけで

気高さと芯の強さを

兼ね備えているのがわかります。

 

そうそう、

男性シンガーを
阿久津さんがされているところも、ある意味スゴイ!

阿久津さんのワンバイワン、
イイ!ですよ。

 

広瀬ザズの
朝のご報告も軽やかで楽しくて。

中嶋ティモンの態度のデカさと

小林プンバァのお人よし加減が

いい味でてます。

 

ハイエナの「食っちまえ」は

すっごい迫力です。
家本シェンジ
食べちゃう?テぇークアウトにするぅ?

とか

大塚バンザイの
腹が減って我慢できねぇ~!

長谷川エドの
Heh!Heh!Heh!
Hoo Hah hah

のかけ声も狂気を感じさせてて、

ほぉーんと

迫力があってハラハラします。

 

青山ラフィキのサークルオブライフは、

青山さんのあの小さな体で

あの声量には、すっかり魅了されます。

 

そして、そして、

最後の

全てはよみがえった・・・

で、

坂元シンバの

ウォォォーーー!!!!!

これは鳥肌もの!

 

聴いてて元気が出てきます!

舞台同様、完成度の高いCDなので

観た後に感じた
熱い気持ちを思い出せます

 

ホント、このCDを聴くと
元気が湧いてくる。

 

またライオンキングに行きたい!!!

 

四季ファンって、
新バージョンと旧バージョン
両方欲しくなっちゃうんですよね。^^;

聴き比べたり、
キャストの移り変わりっていうか、
四季の歴史みたいなものを感じたり。

 

もちろん私も
新旧両方持ってます!

旧バージョンは、
劇団四季では、
もう販売されていないので、

ちょっとお高い値段になっていますし、
オークションとか
中古でしか購入できなくなっていますが、

 

ライオンキングファンには、

ぜひ、手に入れていただきたいCDです。

 

>>ライオンキング劇団四季【旧バージョン】はこちら!

 

曲目リスト

1. (第1幕)~サークル・オブ・ライフ
2. 大草原
3. 朝の報告
4. 雌ライオンの歌
5. 早く王様になりたい
6. 食っちまえ
7. お前のなかに生きている
8. 覚悟しろ
9. ヌーの大暴走
10. ラフィキの哀悼
11. ハクナ・マタタ
12. (第2幕)~ワン・バイ・ワン
13. スカー王の狂気
14. シャドウランド
15. 終わりなき夜
16. 愛を感じて
17. お前の中にいきている(リプライズ)
18. シンバとスカーの対決
19. キング・オヌ・プライドロック/サークル・オフ・ライフ(リプライズ)

 

キャスト

ラフィキ/青山弥生
ムファサ/早川正
ザズ/明戸信吾
スカー/下村尊則
ヤングシンバ/海宝直人
ヤングナラ/伊藤彩華
バンザイ/大塚俊
シェンジ/家本朋子
エド/長谷川輝
ティモン/中嶋徹
プンバァ/小林アトム
シンバ/坂元健児
ナラ/濱田めぐみ
男性シンガー1/太田泰信
男性シンガー2/阿久津陽一郎

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す