ライオンキングの子役は何時まで?日本の労働基準法

ライオンキングで欠かせない子役。

欧米では子役も
夜10時や11時ごろまで舞台にたてるけど、
日本の労働基準法では
夜9時までしか出演できません。

なので、
夜公演では、一幕で大活躍の
ヤングシンバ、ヤングナラは、
カーテンコールには出てこれないんです。

スポンサーリンク




katenW250

カーテンコールって、
観客にとっても役者さんにとっても
本番の舞台とは違って、
また素敵な時間ですよね。

私は、カーテンコールの時の
役者さんたちの笑顔、表情が大好きです。

一幕で大活躍していたのに、
せっかくのカーテンコールに出れない
のは残念ですよね。

この労働基準法の問題、

ライオンキングでは、
子役の出番は一幕だけなので、
カーテンコールだけ!?ですむのですが、

もっと、やっかいなのが、
同じディズニーミュージカルの
「美女と野獣」

美女と野獣には、
最初から最後まで舞台に立たなければいけない、
チップという重要な子どもの役がある。
↓このカップの男の子
tipW200hen

本来、チップは小学校低学年くらいの
子どもが演じる役ですが、
劇団四季では、140センチちょっとの女優さんで
対応しているんです。

これに原作の本家・ディズニーは、
最初、猛反発したとか。

アメリカでは子どもが演じているのに、
こちらは大人、
しかも男の子の役を女優がやるなんて、

ディズニーには、
『日本はずいぶん後進国なんだね』
と言われたとか。

 

確かに、子どもの役は子役の方が自然。

それに、今どきの小学生は、
塾やお稽古で
普通に、夜の街を出歩いているし。

けれど、夜遅くまでの労働が、
子どもの成長に影響を与えるのかも・・・。

そもそも義務教育の学校を休んで
労働していることも問題かもしれないし。

芸術の舞台人としての活動だけど、
報酬をもらって
労働しているには違いないし。

 

うーーーん。。。(-“-)

難しいですね。。。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す