ライオンキングの王『ムファサ』が語る大自然の哲学サークル・オブ・ライフ「生命の輪」

跳ねるガゼル
駆け回るシマウマ
色とりどりの鳥たちetc。

たくさんの動物たちで、埋め尽くされるプライドランド。

ライオンキングは、
そこから物語が始まります。

スポンサーリンク




 

主人公のシンバは、

世間知らずで、無邪気で、好奇心旺盛。

 

王になる日を
待ち遠しく思いながらも、

その地位に伴う
義務と責任の重さには
無頓着なまま楽しく過ごしていました。

 

動物の王国 「プライドランド」
その王として尊敬を集めるムファサは、
幼い息子シンバに

大自然の哲学を語ります。

全てのものが、
めぐりめぐる偉大な生命の調和に
結びついている。

 

自然界を支配するバランス

サークル・オブ・ライフ(Circle of life)

”生命の輪”

 

これがライオンキングのテーマですね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す