オペラ座の怪人にオペラグラスは必需品。豪華な舞台の隅々までチェック!

劇団四季のファンの方たちが、

忘れてはいけないもののひとつが、
オペラグラス(双眼鏡)!
 
一階席の後方や二階席は、もちろん、

前方の席で使う人もいます。

 

オペラグラスが必要な理由は

もちろん、よ~く見たいから!

 

スポンサーリンク



 

オペラグラスは、
最前列であっても、常に膝の上にスタンバイ!

舞台セットの奥の奥が気になったり、
衣装の柄とかアクセサリーも気になる。

脇役の方の小芝居も見たいし。

前の方でもサイド席であったりすると、
反対側の役者さんは見えにくかったりしますし。

好きな役者さんのお顔は、
やっぱりどアップで見たい!
爪の先も見たい!

オペラグラスがないと観劇した気になりません
脳裏に焼き付けるために必須です!

なぁ~んて、言われる人もいますよ。

私もそんな四季ファンのひとりかな。。。(*^^*)

 

役者さんの表情、衣装やアクセサリー、

舞台セットを見るのが楽しい♪

 

彫刻を作り込んだ
プロセニアムアーチ(舞台を囲む額縁状の枠)の豪華な飾り

323485

 

オペラ座の象徴である「シャンデリア」

595442
高さ2m、幅3m、奥行き1.5mで重さは350kgという巨大なもの。

522362
飾りには2万4000個もの
クリスタルビーズが使用されていて、

手作業で取り付けています。

 

湖の底からせり上がる300本もの「キャンドル」
その湖をさまよう「小船」といった大掛かりな舞台装置

736487

 

第2幕「大階段」で繰り広げられる
仮面舞踏会『マスカレード』は絢爛豪華!

324491

 

衣装は、19世紀~20世紀初頭のフランスの
華やかな文化を可能な限り再現しています。
随所を彩るコスチュームは総額1億円。

682345

 

オペラ座の怪人は、
全体的に暗いシーンが多いので

オペラグラスは役者さんの表情を
見るのにも役立ちます。

 

そして衣装も平均して一人のキャストが
7回以上は着替えますから、
場面ごとに違う衣装もチェックしましょう。

 

それから、

好きな役者さんの表情を
追いかけたり、
気になったアンサンブルさんを見つけたとき

オペラグラスで顔を覚えて、
あとでプログラムを見て名前を確認するのに役立ちます。

 

まだ使ったことがない方は、

まずは、レンタルで借りるのもいいと思います。

 

劇団四季では、
オペラグラスの貸し出しをしています。

140920大阪双眼鏡貸出(2)2_500390

料金は「貸出料500円」 +「 後で戻る保証金5000円」

倍率は8倍の双眼鏡タイプです。

 

レンタルで借りてみて、

やっぱり欲しいと思えば
自前の物を購入すればいいです。

購入するのなら、持ち歩くのに便利な
コンパクトで軽いものがいいです。

観劇中も、それなりの時間覗くので、
あんまり重いと、
手が疲れてしまいます。

 

倍率は、あまり高くなると視界が狭くなり、
テレビを見ているような感じになるだけで、
ミュージカルには適していません。

3倍から8倍くらいのもの
使っている人が多いです。

 

私がおすすめするオペラグラスはこちら!

ヒノデ双眼鏡 5×20-A3

s-141014ヒノデ5×20-A3(1)450337

価格は少し高めですが、
本当に、気持ちいいほどクリアに見えます!

明るさ 16 ですからすっごい、クリア!!!

 

そして、こちらもおすすめ!

ヒノデ双眼鏡 6×21-N

ヒノデ6×21-Nは、楽天売上ランキング1位です!

s-141014ヒノデ6×21-N450337

価格も手頃ですし。
小さくて本当にコンパクト♪

 6倍の方も明るさ 12.25 ですから、こちらもクリアです。

 

我が家では、私が5倍の 双眼鏡5×21-A3(ホワイト)
s-140917ヒノデ双眼鏡5×20-A3_350262

 

娘が6倍の 双眼鏡6×20-N(ピンク)
s-141003ヒノデ双眼鏡6×20-N(1)350350

を使っています。^^

ピンク!可愛いですよ♡

 

s-ヒノデ双眼鏡5×20-A3_450336

→ヒノデ双眼鏡 5×20−A3【30日間返金保証】の詳細はこちら

 

s-ヒノデ双眼鏡6×21-N_450338

→ヒノデ双眼鏡6×21−N1【30日間返金保証】の詳細はこちら

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す