本家・ディズニーもびっくり!日本の労働基準法で、チップは女優さんが演じてる。

欧米では子役も
夜10時や11時ごろまで舞台にたてるけど、
日本の労働基準法では
夜9時までしか出演できません。

劇団四季では、この法律のため、
ポット夫人の子ども「チップ」は、
小柄な女優さんが演じています。

スポンサーリンク



tipW247hen

美女と野獣には、
最初から最後まで舞台に立たなければいけない、
チップという重要な子どもの役がある。

 

チップは小学校低学年くらいの子どもで
本来なら、男の子が演じる役ですが、

劇団四季では、140センチちょっとの女優さんで
対応しているんです。

 

同じディズニーミュージカルの
ライオンキングには、
ヤングシンバ、ヤングナラといった
小学生の子役が出演していますが、
ライオンキングでも、
この子役たちは、一部のみの出演。

ですから、夜9時以降は舞台にたてないため、
夜の部のカーテンコールには出てきません。

 

チップの場合、
ラストのカップから子どもに戻る
大事なシーンもあるから、
一部のみの出演というわけにはいかないんです。
tipW200hen

これに原作の本家・ディズニーは、
最初、猛反発したとか。

アメリカでは子どもが演じているのに、
こちらは大人、
しかも男の子の役を女優がやるなんて、

ディズニーには、
『日本はずいぶん後進国なんだね』
と言われたとか。

確かに、子どもの役は子役の方が自然。

平日に一般の会社員にも
舞台を見てもらうには、
開演時間はどんなに早くても午後6時。

ミュージカルの上演時間はだいたい3時間だから、
終演は9時を過ぎてしまう。

演劇界としては、
せめて10時までは認めてほしいところ。

 

それに、今どきの小学生は、
塾やお稽古で
普通に、夜の街を出歩いているし。

けれど、夜遅くまでの労働が、
子どもの成長に影響を与えるのかも・・・。

そもそも義務教育の学校を休んで
労働していることも問題かもしれないし。

芸術の舞台人としての活動だけど、
報酬をもらって
労働しているには違いないし。

 

うーーーん。。。(-“-)

難しいですね。。。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す