ミュージカル「キャッツ」のストーリーは!?キャッツにストーリーやテーマってあるの?

ド派手なメイクに全身タイツのアレ!

テレビや駅のポスターなどで、
一度は見かけたことはあると思います。
キャッツって、
特にストーリーは無いような感じだけど、

 

舞台は、都会のゴミ捨て場。

スポンサーリンク



劇団四季:『キャッツ』:静岡公演プロモーションVTR

 

私がはじめてキャッツを観たのは、大学生のときでした。

 

ストーリーも知らない、
なんの知識もなしで観にいったのですが、

感動っていうか、

感激!!!しました。

 

まずは、

劇場に一歩足を踏み入れたら、

まるで猫たちの世界に
入り込んでしまったかのような劇場に感激!

あの息もつかせぬ圧倒的なダンス

美しい音楽、

そして、

猫たちが客席まで下りてきて、目の前までやってくる!

 

ホント、びっくりしました!
猫たちの名前も長くて覚えられないし、

セリフも朗読みたいに喋るから、

日本語なのに、

何がいいたいのか分からない。。。みたいな。。。^^;

 

そもそも

ジェリクルキャッツってなに?
(なんかあのすごそうだけど。。。って感じ)

 

私も最初は、
特にストーリーはなくて、

1年に一度の猫たちの舞踏会で、

それぞれの猫たちを紹介している話で、

 

最後にグリザベラが選ばれて、天国に召されていく。

-the end-

な話なのかと。思っていました。^^;

 

原作のT・S・エリオットの
「キャッツ-ポッサムおじさんの猫とつき合う法-」

を読んで、
その「キャッツ-ポッサムおじさんの猫とつき合う法-」の
翻訳をされた池田雅之さんの著書
「猫たちの舞踏会」-エリオットとミュージカル「キャッツ」-

を読んで、

実は、すごく奥の深いテーマストーリー

あるのだということ。

 

でも、正直な話
私の中では、まだキャッツのテーマをしっかりと
受け取れていないのかもしれません。。。^^;

 

ストーリー

満月が青白く輝く夜、街の片隅のゴミ捨て場。

たくさんのジェリクルキャッツたちが、
年に一度開かれる”ジェリクル舞踏会”
に集まってきます。

 

人間に飼い馴らされることを拒否して、

逆境に負けずしたたかに生き抜き、

自らの人生を謳歌する強靭な思想と無限の個性、

行動力を持つ猫

 

それがジェリクルキャッツ。

 

そして今宵は、

長老猫が
最も純粋なジェリクルキャッツを選ぶ特別な舞踏会。

再生を許され、新しいジェリクルの命を得るのは誰か。

 

夜を徹して歌い踊る猫たち。

 

やがて夜明けが近づき、
ナイフで切ってしまえそうな静寂に向かって、
天上に上り、

新しい人生を生きることを許される
ただ一匹の猫の名前が、宣言されます。

その猫とは‥。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す