ライオンキング【東京】子ども料金でお得に観劇(ファミリーゾーンをチェック!)

ライオンキング(東京)の座席

客席は1階、2階、3階とあり、
S1、S、A、B、Cと3階のバルコニー席があって、

S席とA席のエリアが、子ども連れのお客さん用に設定された
「ファミリーゾーン」になっています。

スポンサーリンク




 

ライオンキング【東京】のチケット代は、
S席:9,800円(四季の会 会員:8,800円)
A席:8,000円
B席:6,000円
C席:3,000円
バルコニー席:5,000円(学生:2,500円)

ですが、

ファミリーゾーンの座席の子ども料金は、
S席子ども:5,000円
A席子ども:4,000円

で、大人のほぼ半額になっていてとってもお得です。

 

ライオンキング(東京)の四季劇場[春]の座席表はこちらで、

ファミリーゾーンは、S席、A席 水色座席のエリアです。
ライオンキング東京[春劇場]座席表7001102

 

小さなお子さんを初めて、
ミュージカルに連れていく時って、やっぱり不安ですよね。

いくら聞きわけのいい子どもでも、
暗い場面や大きな音にビックリして
泣いてしまったり、
思わず声を出してしまうかもしれませんから、

周りが同じような子ども連れのお客さんだと安心です。

 

前方の席は、舞台にとっても近くて迫力がありますが、
奥が見えにくく、
舞台全体を見渡せないんですよね。

ライオンキングは、役者さんの表情だけでなく、
あの動物のパペットを使った面白さや
仕掛けの素晴らしさも見ごたえあります。

なので、

子どもさんには、ファミリーゾーンがおすすめ!

できれば真ん中ブロックがいいです。

真ん中ブロックの席が取れないようでしたら、
舞台に向かって右側(上手)のブロックが
プライドロックでのシーンがよく見えると思います。

プライドロックというのは、
ライオンキングのポスターで、
シンバやムファサが立っている背の高いセットのことです。

これね ↓
001_2_650430

プライドロックは舞台の左側にくるので、
左側(下手)の席だと
プライドロックを見上げる姿勢になります。

 

それから、
ライオンキングでは、1階客席の通路を
動物のパペットを身に付けた
役者さんが走り抜けたりするので、

通路側の席に座れると
役者さんの息遣いや衣擦れの音がきき取れて、
耳と肌で役者さんを感じることができます!

 

特に、オープニングすぐは、

後方から動物ちが舞台に向かって
行進していきまから

前(舞台)を観たり振り返ったりで忙しいですよ!^^

座席のすぐ横を通っていくので、
めちゃくちゃ感動します!

通路側の席は大変人気で、
チケットもすぐに無くなってしまいますが。。。^^;

 

1階後方の座席は、
客席芝居の役者さんの動きを
しっかり観ることができます。

2階は、1階後方の客席芝居は見えませんが
舞台全体を見渡せます。

特に2階の最前列は前に観客がいないので
ストレスなく舞台を見渡すことができます。

私の小柄なお友達は、
いつも2階の最前列の座席をとっています。

 

ライオンキング(東京)の四季劇場[春]も
あまり大きな劇場ではありませんし、

四季の劇場は基本的に
どこからでも舞台が見やすくなっています。

ライオンキングは、
ホントどこの席に座っても楽めます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す