いいオペラグラス(双眼鏡)を使うと視界が変わる!世界が変わる!おすすめ双眼鏡はコレ!

いいオペラグラス(双眼鏡)を使うと、視界と世界が変わります!

 

先日購入した双眼鏡が感動もの
だったので紹介します。

私、この双眼鏡を使ってみて、

はじめて
双眼鏡好きの人の気持ちが分かりました(*^^*)

 

何に感動したのかというと、
とっても視界が明るいんです。

 

スポンサーリンク



 

視界が明るいって何?と思いませんか?

 

私もこのオペラグラス(双眼鏡)を使うまで

視界が明るいって何か?って知りませんでしたから。^^;
これは、実際に覗いてみないと分からないのですが、

良いものは良い!ので、私のつたない文章で申し訳ないのですが、
頑張ってお伝えします!
視界が明るいというかクリア!なんです。

視界がクリアになると、はっきり見える!

肉眼では見えない世界!?まで見えます。
最前列でも、あんなにくっきり、はっきりと
役者さんのお顔は見えません!

 

実際に、この双眼鏡で見ると、また違う魅力が見えるんです!
例えば、

 

ライオンキングのラフィキのメイクもくっきり!!!
この画面よりも、
もっと、もっと、くっきり見えます!!!

s-140929ラフィキくっきり450481

 

ナラの美人顔もくっきり!!!

s-140929ナラくっきり450402

 

美女と野獣の野獣メイクもくっきり!!!

s-141015ビースト450468

 

美しいベルもくっきり♡

s-141015ベル450446
 

双眼鏡選びで、
勘違いしている人が多いのですが、
実は、私もそうでしたが^^;

倍率が高いほどよく見える

6倍よりも8倍、
8倍よりも10倍の方がよく見えるのでは?と思いがち、

これ違うんです!

 

倍率が高くなると
手ブレの影響がおおきく、視野も狭くなり、暗くなる

というデメリッットがあって、

ミュージカルのような動きのある舞台を見るには
高い倍率のものは向いていません。

 

そもそも
倍率というのは「その大きさ」で見ることができるということ、

「その大きさ」で見えるというのは、
それだけ近づいて見ることができるってことです。

見たいものに近づいていくのはいいのですが、

周りが暗いとはっきりは見えません。

ですから、

倍率が高ければ高いほど、見やすい双眼鏡とは限らないのです。

 

四季劇場は、役者さんまでの距離がどれくらいあるのか?

客席からステージまでの距離が何メートルくらい離れているのか?

というと、

例えば、
四季劇場[夏]は客席数が1200席で、

舞台中央真ん中から
客席最後列までの距離は、おおよそ
35m位。

5倍の双眼鏡だと、35÷5=7m (7mの距離まで近づいて見える。)
6倍の双眼鏡だと、35÷6=5.8m (5.8mの距離まで近づいて見える。)
8倍の双眼鏡だと、35÷8=4.3m (4.3mの距離まで近づいて見える。)

だいたい15mくらいが、
人の顔の表情が分かるくらいの距離ですから、

10m以内まで近づけば、役者さんの表情は分かりますから、

 

四季劇場では、5倍の双眼鏡で、
十分に役者さんの表情は見ることができます。

四季劇場は、他もそれほど変わりません。

四季劇場[春]で、客席数 1,255席
四季劇場[夏]は、1,200席
大阪四季劇場は、990席
新名古屋ミュージカル劇場は、990席
北海道四季劇場は、994席

福岡のキャナルシティ劇場は、1,144席

 

ミュージカルのように動きのある舞台では、
複数の役者さんが一つの視野にバランスよく収まるものが、
とても使い勝手がよくて、ストレスがありません。

 

では、いい双眼鏡って?
”ミュージカルを見るのにいい双眼鏡”って何か?

 

その一つの要素が双眼鏡の「明るさ」になります。

では、双眼鏡の”明るさ”って何?

双眼鏡の”明るさ”ってあまりなじみのない値だと思いますが、
双眼鏡の性能表を見るとちゃんと載っています。

 

明るさが違うと何が違うのかというと、

見え方の「鮮明さ」が違います。

 

倍率が高くても
明るさが足りないと対象がボンヤリしてしまいます。

 

私が、先日購入して感動した双眼鏡がこれ!

ヒノデ 5×20-A3

s-141014ヒノデ5×20-A3(1)450337

ヒノデ5×20‐A3 の明るさは16

他のメーカーさんので、
価格が同じくらいの双眼鏡をみてみると
明るさは6から10までです。

明るさ16って、すっごく高い数字なんです。

だから気持ちいいほど、くっきり見えます!

 

そして、こちらも良かった!

s-141014ヒノデ6×21-N450337

倍率6倍の 6×21-N

ヒノデ6×21-Nは、楽天売上ランキング1位です!

価格も手頃ですし。
こちらの方が、5倍のよりも小さくて本当にコンパクト♪
持ち歩くのにとってもラク♪です。

 ヒノデ6×21-N も明るさ 12.25 ですから、こちらもくっきりです。

 

実は、ヒノデ5×20-A3が、あんまり良かったので、

楽天ランキング1位の ヒノデ6×21-Nも
娘用に買っちゃいました(*^^*)

 

我が家では、私は、5倍の 双眼鏡5×20-A3(ホワイト)

s-140917ヒノデ双眼鏡5×20-A3(1)350262

 

娘が、6倍の 双眼鏡6×21-N(ピンク)

s-141003ヒノデ双眼鏡6×20-N(1)350350

ピンク!可愛いですよ♡

 

6倍の方が小さくてコンパクト!
重さが155gと軽量です。(5倍の方は、180g)
「明るさは12.5」 あるので、
これもキレイに見えます。

でも、5倍の方が「明るさ16!」だけあって、よりくっきり見えます!

それから、
双眼鏡を覗いたときの感じも、私は5倍の方が好き!

アイレリーフが、
5倍は16㎜、 6倍は13㎜で、
5倍の方が目がすっぽり収まる感じがして、

私は、ストレスがなくて、気持ちよく見ることができます。

アイレリーフ503267

s-ヒノデ双眼鏡5×20-A3文字入り444298

 

倍率が5倍の双眼鏡 5×20-A3
倍率が6倍の双眼鏡 6×21-N

手頃な価格でコンパクトな6倍の双眼鏡!
1万円を超えるけど、よりクッキリ見える5倍の双眼鏡!
って感じかなと思います。

ヒノデ 5×20-A3
・倍率:5倍
・対物レンズの有効径:20㎜
・実視界:9.4°
・アイレリーフ:16㎜
・明るさ:16
・重さ:180g
 
ヒノデ 6×21-N
・倍率:6倍
・対物レンズの有効径:21㎜
・実視界:7.2°
・アイレリーフ:13㎜
・明るさ:12.25
・重さ:155g

並べてみるとこんなです。
大きさは、ほとんど違いませんが。

s-141014ヒノデ双眼鏡5倍と6倍(1)450300

 

s-ヒノデ双眼鏡5×20-A3_450336

→ヒノデ双眼鏡5×20-A3【30日間返金保証】はこちら

 

s-ヒノデ双眼鏡6×21-N_450338

→ヒノデ双眼鏡6×20-N【30日間返金保証】はこちらはこちら

 

両方とも色は、ホワイト、ピンク、ブラウンの3色ありますよ。

ヒノデ双眼鏡508195

→ヒノデ双眼鏡【楽天市場店】はこちら

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す